Foxwell NT301 VS Autel AL519 OBDIIスキャナー

10年の経験を持つ1人の整備士ユーザーが、Foxwell NT301およびAutel AL519コードリーダーを使用し、これら2つのエントリレベルのコードリーダーに関する彼の正直なレビューを共有しています。

比較表を見てください。

特徴 FOXWELL NT301 オーテルAL519
画像 
 
表示: 2.8インチのワイドTFTカラー画面 TFTカラーディスプレイ
車両カバレッジ: ビュイック、BMW、キャデラック、クライスラー、フォード、シボレー、GM、ホンダ、ヒュンダイ、いすuzu、ジャガー、起亜、ランボルギーニ、ランドローバー、日産、三菱、マツダ、オペル、ポルシェ、メルセデス、サーブ、スバル、スズキ、ボルボ、トヨタ、 Vwなど AL519は、ほとんどの1996以降の車両(OBDIIおよびCAN)で動作します
ソフトウェア更新オプション: 生涯無料アップデート オンラインでの生涯無料アップデート
重量 1.05ポンド 2ポンド
外形寸法 8.7 x 3.1 x 6.7インチ 7.8 x 4.1 x 1.5インチ
保証: 1年保証 12か月保証


Foxwell NT301 OBD2コードスキャナー:
赤、黄、緑のLEDと、エミッションモニターのステータスを表示する内蔵スピーカーを備えています。そして、それは大きなLCDカラースクリーンで機能します。

-Foxwell NT301スキャンツールは使いやすいコードリーダーであり、スタートアップの仕組みやDIYに適しています。
キーパッドと組み込みのDTCルックアップライブラリが明確に配置されていますさらに、Foxwell NT301スキャナーは、1996年以降の国内および国外で製造された幅広い車両に対応しています。
Foxwell NT301は、以下を含む広範な機能を実行しますDTCの読み取りと消去、チェックエンジンライトの理由の検出、モニターのリセット、チェックエンジンライトの消灯、誤動作インジケーターライトの消灯、エミッション準備状況のチェックなど。

診断スキャナーは、ドライブサイクル中に断続的な問題を見つけて修復を確認するのにも役立ちますこのような特徴と機能を備えた、これはすばらしい入門レベルのスキャンツールです


Foxwell NT301の車両カバレッジ:
ビュイック、キャデラック、Bmw、シボレー、クライスラー、フォード、ホンダ、いすuzu、Gm、ヒュンダイ、ランドローバー、日産、マツダ、ジャガー、起亜、ランボルギーニ、三菱、スバル、メルセデス、スズキ、オペル、ポルシェ、サーブ、トヨタ、ボルボ、VWなど

Autel AL519コードリーダーは、ABSおよびSRSで50台以上の車両をカバーできるため、初心者や小さな自動車修理店に最適なデバイスですAutel AL519コードリーダー:10個すべてのOBD2テストモードを
サポートしています。一般的なコード、メーカー固有のコード、保留中のコード
を取得できます それはで動作する1996年以降の OBD2及びCAN国内、ヨーロッパ、およびアジアの自動車。Autel AL519のハードウェア機能: - カラーTFTディスプレイ内蔵スピーカーにより、このデバイスを簡単かつ迅速に使用できます。 - ゴムカバー付き




デバイスが誤って落下したときにデバイスが損傷するのを防ぎます。
技術者が診断と修理の時間を節約するのに役立つ何千ものトラブルシューティングコードのヒントがあります。
- 1つので12Vバッテリー、あなたはこのスキャナを使用するために点火される車両は必要ありません。

結論:
Foxwell NT301とAutel AL519のコードリーダーはどちらも、修理の専門家を訪問するのに費やす時間と費用を節約するのに役立ちます。Foxwell NT301は約65米ドル、Autel AL519は約75米ドルです。両方ともすべてのOBD2プロトコルをサポートしてい

ます。で移動するスキャンツールを探している場合は、Foxwell NT301コードリーダーをお勧めします ただし、ガレージ用のスキャナーが必要な場合は、Autel AL519コードリーダーを使用してください。

出典:http : //www.foxwellsupport.com/foxwell-nt301-vs-autel-al519-code-reader/

http://www.videntstore.com/